福袋を買う前に知っておきたい4つのこと

2020年12月16日

柴初心太
もうすぐ福袋の時期だけど、福袋ってお得なの?

年末年始が近づくと気になってくるのが「福袋」。

早いところでは11月から予約できる商品もあったりします。

正規の値段よりも安い価格で様々な商品が入っているのでお得!というイメージがありますが、本当にお得なのでしょうか?

僕はここ5年ぐらいは福袋を買っていませんが、それ以前は毎年2~3個購入していました。

今回の記事では、福袋を購入する前に知っておきたい4つのことについて実体験もまじえて解説します。

柴コロ太
柴コロ太

福袋を買おうか悩んでいる人の参考になればと思います。

こんな方におすすめ

  • 福袋の購入を考えている人
  • 福袋ってお得なの?と疑問を持っている人
  • お得な福袋が知りたい人

さっそく解説していきます。

柴コロ太
柴コロ太

購入前にしっておきたい4つのこと

1.福袋を買ってしまう心理とは?

何は入っているのかよく解からない商品を買うということは、冷静に考えてみると不思議な光景ですよね?

それでも毎年福袋商戦が盛り上がっているのはなぜなのでしょうか?

そこには2つの理由が存在します。

1つは「お正月のイベント」として定着しているといことです。

新年は福袋をを買うというのが恒例となっている人も多いのではないでしょうか?

新年の夕方のニュースで大量の福袋を手にインタビューに答えている人や荷物持ちをさせられてぐったりしているお父さんの映像なんかは風物詩にもなっています。

2つ目は「中身よりもお得感を味わうことが目的になっている」ということです。

柴初心太
どういうこと?

福袋の中身ではなく、5万円相当のものが1万円で買えたというお得感や満足感を購入しているのです。

我々はこの「お得感」にめっぽう弱いのです。

福袋を買う時は意気揚々と買ったのに帰って少し冷静になった時、買った福袋にあまり魅力を感じなくなっていたという経験ありませんか?

これは商品ではなくお得感を購入した典型的な例です。

これは僕もよく経験しました。

買った時は良いものが買えた!と思っていても帰って改めて商品を見るとそうでもなかったという経験をよくしました。

お得感という深層心理に気づかずについつい不要なものを買ってしまう人が多いのです。

2.本当にお得なのか?

福袋は一般的に「50000円相当の商品が10000円で!!」など、定価で購入する場合よりも安く買えるというのが魅力の1つです。

しかし、福袋用に作られた商品であったり、売れ残った商品を在庫処分として福袋に入れているというケースもあります。

「○○は必ず入っています」という目玉商品と共に在庫処分品がセットになっているという販売方法を取るお店も存在しています。

僕は過去に買った福袋で目玉商品以外はハズレだったというのを何度も経験しました。

デザインが好みでなかったり、サイズが微妙に合わなかったり使わないようなアイテムが入っていたというがよくありました。

必要のないものが入っているものにお金を払ってまで手に入れることに「本当にお得なの?」と疑問を抱くようになりました。

そもそもお得で皆に買ってもらいたい商品の中身を隠すというメリットがわかりません。

本当にオススメでお客さんに売りたい、買ってもらいたいという商品の中身を公開しないのはよく考えると可笑しな話です。

中身が見えないのが福袋の醍醐味だと言われてしまえばそれまでなのかもしれません。

しかし、僕が販売する側の立場であれば本当に売りたい商品はドーンと中身を公開します。

隠すことで得られるメリットはお店側も購入する側もメリットがないと考えています。

3.使わないものでも安く買えた=お得?

福袋の値段だけを見て「お得だ!」と飛びついても、実際に使用するものが少なければ結果として不要な物を購入したことになります。

柴初心太
でもいつか着るかもしれないし…

と言ってタンスの肥やしにしていてもまず着用する機会なんてそうそう訪れません。

好みでない服を着ることって基本的にありませんよね?

柴初心太
持っているだけなら無料だ!

とも考えがちですが、使わないものが溜まっていくと家庭内が圧迫されて収納物を買ってきたりなどお金がかかるというケースもあります。

結果として、使用しないものを保管するということは「スペース」「お金」の無駄遣いとも言えます。

4.手放すにしても手間と時間とお金がかかる

今では福袋に入っていた使わないもものをオークションやフリマアプリなどで売ることができます。

しかし、取引の手間であったり、近場のリサイクルショップで売る場合は持ち込む手間が発生します。

フリマアプリなどに出品してもすぐに売れるとは限りません。

出品した日に売れる場合もあれば数か月後に売れるという場合もあります。

売れない=保管し続ける必要があります。

雑に扱い、いざ売れた時にはしわくちゃになっていたなんてことになれば最悪です。

また、梱包するための道具を買いに行ったり、宅配の手配など意外と面倒なものです。

僕個人としては、宅配買取サービスが楽なのかな?と考えています。

宅配買取とは?

柴初心太
宅配買取ってなに?

 

宅配買取とは、あなたの自宅に訪れて洋服やカバンなどの買い取りを行ってくれるサービスです。

ブランド知識が豊富なスタッフさんが1点1点査定してくれるので、安心です。

リサイクルショップなどは量り売りだったりするので、どうしても安くなりがちです。

また、「このブランドのワンピースは○○円」と既に決められているケースもありますが、宅配買取であればしっかりと査定してくれます。

注意点として、あまりにも安すぎる洋服や5年以上前に販売されているような洋服は買い取りの対象外になってしまう場合もあります。

あなたが売りたいと思っているブランドが買い取り可能なのかは事前に確認するようにしましょう。

おすすめの福袋とは?

柴初心太
福袋は買わないほうがいいの?

アパレル関係の福袋は自分の好みでないデザインの服が入っているリスクがあります。

では、どんな福袋が良いでしょうか?

私の考えるお得な福袋について紹介します。参考にしていただければ幸いです。

柴コロ太
柴コロ太

中身が公開されている福袋

中身が見えないからこそのドキドキ感を味わいたい人にとっては少し物足りないかもしれませんが、損はしたくない!と考えているのであれば中身がすべて公開されている福袋がオススメです。

中身がわかることでハズレを引いてしまったというリスクを回避することができます。

しかし、中身を全て公開しているという福袋が少なかったり自分の欲しいと思う福袋がない可能性もあります。

食べ物系の福袋

失敗の少ない福袋は食べ物関係の福袋だと思っています。

中身がおおよそ判明しているものが多いだけでなく、どこの福袋かで中身を予想することができます。

例えば、皆さんご存知のGODIVAの福袋であればチョコレートやクッキーが入っていると予想できます。

僕は来年は食品関係の福袋を一度購入してみようかなと考えています。

自分の好みでないものは家族や友人とシェアしやすいのもオススメ理由です。

まとめ

福袋を買う前にしっておきたいことについて解説しました。

年始の風物詩であり、新年の運試し的な要素も含んでいる福袋ですが、本当に必要なのか?を考える必要があります。

買ったはいいものの、中身を見てガッカリしてしまってはもったいないです。

ぜひ買う前に知っておきたいことを理解した上であなたにあった福袋をチョイスしてみてはどうでしょうか?

まとめ
  • 本当にお得なのか?を考えよう
  • 不要な物を手放すにも手間と時間がかかる
  • 買い取りは宅配買い取りがオススメ
  • 食料系は失敗しにくい(僕の持論です。)

最後までご覧いただきありがとうございました。

福袋を買おうか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

-アイテム, 雑記
-, , , ,

© 2022 【情報どっとためこむ】0から始めるサイクルライフ